TOLフォーラム2017 開催のご案内

みな様のご支援、ご協力により本年もTOLフォーラム開催のはこびと相成りました。第33回を迎える「TOLフォーラム2017」は10月14日(土)に開催いたします。
女性オリンピアンによる独自の企画、運営により、オリンピアン、パラリンピアンの様々な貴重な経験や考えを多くの皆さまに身近にお伝えしていくことを目的に開催します。どうぞ、お気軽にご参加ください。
女性オリンピアン一同、ご来場をお待ちしています。
TOLフォーラム2017 髙橋大輔 フィギュアスケート
髙橋 大輔 フィギュアスケート
写真:フォート・キシモト


TOLフォーラム2017 杉本 美香 柔道

杉本 美香 女子柔道
写真:フォート・キシモト


TOLフォーラム2017 神保 康広 車椅子バスケットボール
神保 康広  車椅子バスケットボール


≪出演/トークリレーパネリスト≫
杉本 美香 女子柔道 ロンドンオリンピック
髙橋 大輔 フィギュアスケート トリノ、バンクーバー、ソチオリンピック
神保 康広 車椅子バスケットボール バルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネパラリンピック

≪ナビゲーター≫
佐野智恵子 体操 モントリオールオリンピック
TOL幹事、ご主人はフィギュアスケート佐野稔氏のオリンピアン夫妻です。
※出演者は都合により出演者は変更の場合があります。

主 催: TOL/トータル・オリンピック・レディス会
日 時: 2017年10月14日土曜日
フォーラム開始予定14:00~16:00(受付開始予定13:30)
会 場: 目白 椿ホール (JR目白駅下車徒歩1分)
〒171-0031豊島区目白1-4-8 デサント東京オフィスB1F内
料 金: 一般 3,000円(税込)
学割料金:1,000円(税込) 小・中・高・専門・大学生※申込先着順100名

【お問合せ&チケット申込み】
TOL/トータル・オリンピック・レディス会事務局
事務局携帯:080-5477-3320 携帯メール:tol-office@ezweb.ne.jp
E-mail:jimu@olympicladies.jp http://olympicladies.jp/

 

 

TOL会「東進ハイスクール 走りかた教室」 映像記録 2017年版

横浜国際プール サブアリーナでで7月17日(祝)に開催した「東進ハイスクール走りかた教室」はおかげさまで無事に閉会となりました。
元気に走る子供たちの姿が映像でご覧いただけます。

主催:トータル・オリンピック・レディス会
特別協賛:東進ハイスクール(株式会社ナガセ)
協賛:ミズノ株式会社、サラヤ株式会社、大塚食品株式会社

講師:青戸慎司
運営幹事:村山よしみ(競泳)、友寄美江子(フェンシング)、高栁裕子(フェンシング)、伊佐咲子(体操)、髙山樹里(ソフトボール)、穂苅美奈子(アーチェリー)、齊藤美佐子(競泳)、佐野 智恵子(体操)
アドバイザー:金光貞幸
記録写真:斉藤文護
記録ビデオ:徳重郁夫

2017 TOL会東進ハイスクール走り方教室

元気いっぱい!笑顔で一生懸命!そして、みんな速くなった!凄いね!

横浜国際プールサブアリーナでで7月17日(祝)に開催した「東進ハイスクール走りかた教室」はおかげさまで無事に閉会となりました。
横浜エリアの小学生およそ100名が元気に参加してくれました。
本当に分かりやすく、丁寧な青戸慎司先生のレッスンを最後まで熱心に受けていました。最後は修了証と記念品で笑顔100パーセントでした。
2017年 TOL会東進ハイスクール走り方教室 開催レポート

当教室の趣旨を理解され応募された全ての小学生、保護者の皆さまに心より感謝を申しあげます。当教室を開催するにあたりご支援、ご協力いただきました皆様に心より感謝を申しあげます。会場をご提供頂いた横浜国際プール様の丁寧なサポートに心より感謝を申しあげます。
皆様のお陰により2017年度の教室も無事に開催、そして1人のけが人もなく閉会が叶いました。
深く御礼を申しあげます。ありがとうございました。

特別協賛:東進ハイスクール(株式会社ナガセ)
協賛:ミズノ株式会社、サラヤ株式会社、大塚食品株式会社

講師:青戸慎司
運営幹事:村山よしみ(競泳)、友寄美江子(フェンシング)、高栁裕子(フェンシング)、伊佐咲子(体操)、髙山樹里(ソフトボール)、穂苅美奈子(アーチェリー)、齊藤美佐子(競泳)、佐野 智恵子(体操)
アドバイザー:金光貞幸
記録写真:斉藤文護
記録ビデオ:徳重郁夫

 

TOL会「東進ハイスクール 走りかた教室」参加者募集!

≪募集チラシ≫開催日時:2017年7月17日(月・祝)
TOL会東進ハイスクール走りかた教室

 走りかた教室の応募は締切ました。
おかげさまで定員に達しました。
次回の参加をお待ちしています。

開催趣意
「レッツゴー!かけっこ!子供達の自信と希望を育みたい」
オリンピアン指導の体験教室によりスポーツを通じて次代の日本を担っていく子供たちの夢、希望、自信を育む機会と場を提供いたしたく開催いたします。
今回は横浜エリアにて開催いたします。

対 象 :小学生男女、100名
主 催 : トータル・オリンピック・レディス会
特別協賛 : 東進ハイスクール(株式会社ナガセ)
協 賛 : ミズノ株式会社、サラヤ株式会社、大塚食品株式会社
会 場 :横浜国際プール サブアリーナ
〒224-0021横浜市都筑区北山田7-3-1
日 時 :2017年7月17日(月・祝)
午前の部 受付①10:00 教室①10:30~
午後の部 受付②13:30 教室②14:00~
内 容:オリンピアンによる走りかたの指導と実技体験。
講 師:青戸 慎司 (あおと しんじ) 中京大学陸上競技部監督。(公財)日本オリンピック委員会強 化スタッフ、(公財)日本陸上競技連盟強化委員、強化育成部(U23)委員。 陸上短距離・ソ ウル、バルセロナオリンピック代表。ボブスレー・長野オリンピック代表

【募集要項】
●参加対象:小学生の男女計100名。
●参加費:無料です。
(オリジナルTシャツ着用。ドリンク1本、修了証、参加賞を用意しています)
●申込締切:申込み先着順にて午前の部に50名、続く午後の部の定員50名になりしだい締切ります。午前、午後の指定は出来ません。
●応募方法:TOL会ホームページ(http://olympicladies.jp/)内にある「教室応募ページ」からご応募ください。
●参加可否:TOL会事務局よりメールにて連絡します。
●受信設定:jimu@olympicladies.jp からのメール受信が出来るようパソコン、スマホの受信設定をお願いします。

TOL事務局 トータル・オリンピック・レディス会事務局
e-mail:jimu@olympicladies.jp

【参考資料 昨年の教室の映像など】
■「走りかた教室2016」記録映像 ( youtube)

 

次なるステージへ!浅田真央選手ありがとう!

世界を魅了したトップアスリートらしい、凛とした見事な引退会見でした。
浅田真央選手の華やかな活躍、苦闘、再起、挑戦における数々のシーンが走馬灯のように脳裏に蘇ってきました。
浅田さんお疲れさまでした。
貴女の華麗な勇姿に日本人の多くが自信と誇りを覚えました。
浅田真央選手ありがとう!
TOL29号冬季オリンピックデザイン:金光貞幸 IGFインターナショナル・ゴールデン・フラッツ/写真:フォート・キシモト

ネクストチャレンジ!次なるステージへ!
私たちも応援しています!

祝!小平奈緒選手が日本女子初の総合優勝!世界スプリント選手権

スピードスケートの世界スプリント選手権(カナダ、カルガリー)で、小平奈緒選手(相沢病院)が日本女子選手として初めて総合優勝を果たしました。
本当におめでとうございます。
TOLだより29号のオリンピアンズネットには、小平選手が子供の頃にオリンピックを初めて意識したきっかけなど掲載されています。バックナンバーなど事務局までお問合せください。

本日より最終予選の女子アイスホッケー、平昌オリンピックへ!


記事はTOLだより29号ソチ出場取材掲載のものです。

今日2月9日から女子アイスホッケー平昌最終予選が、日本でスタートします。
今回のキャプテンも大澤さん!若いけどチームの信望は絶大、凄い選手ですね。
なんと予選会場は日本チーム有利な地元の苫小牧市の王子アイスアリーナです。
運も実力のうち!最終予選は4チームが総当たり、1位のみが五輪に出場。
日本チームは本日9日にオーストリア、11日にフランス、12日にドイツと対戦。
勝てば2大会連続五輪出場に!これは歴史的快挙だと思います
観戦に行きたいけど苫小牧は遠い方はTVで夕方から生中継します。
NHKBS、18時から!
さぁ、応援!!
JUST DO THE YOUR BEST ! by TOL

1952年 ヘルシンキオリンピック 〈日本女子選手11名の記憶〉

1952年 ヘルシンキオリンピック 〈特別寄稿〉 日本女子選手11名の記憶 文と構成:金光貞幸

 
第2次大戦終結から7年後、日本が連合国と平和条約を締結し主権を回復した1952年(昭和27年)の夏、第15回夏季オリンピック大会は7月19日から8月3日までフィンランドの首都ヘルシンキで開催されました。
参加国は計69ヵ国、選手数5900人余を数え近代オリンピックの開催史上空前の参加数でした。
日本はベルリン大会以来、実に16年ぶりに復帰参加、72名(陸上19、水上27、自転車4、体操5、ボクシング2、レスリング5、ボート5、射撃1、馬術1、フェンシング1、重量挙1、ヨット1)の選手が出場しました。
1952年 ヘルシンキオリンピック 〈特別寄稿〉 日本女子選手11名の記憶
敗戦国である日本の五輪復帰もさることながら、この大会最大のニュースはソビエト連邦共和国の初参加でした。ソ連は帝政ロシア時代に一度選手を送ったことがありましたが、共産革命後は初めてのことであり、スポーツに関する限り厳しい東西冷戦の鉄のカーテンが一見開かれたかのようかに見えました。
また中華民国、中華人民共和国が共に参加を許されながら中民は中共とは同席できないと参加を中止しています。
TOLだより31号20p_1952ヘルシンキオリンピック水上代表
この年、英国は核兵器保有を公表、米国は人類史上初となる水爆実験を行いました。また「アンネの日記」が出版されたのもこの年でした。
そのような世界情勢のなか、「平和の祭典」へ参加すべく遥か北欧の地へ11名の若き日本女性選手が日の丸を胸に旅立ちました。
当時は男子61名に女子はわずかに11名の日本代表選手団でした。ちなみに64年後のリオ大会は男子174人、女子164人と大きな差はありません。
本号ではヘルシンキ大会に出場した彼女たちから寄せられた当時の貴重な記憶、思いをご紹介します。最後に、惜しくも故人となられた3名のオリンピアンに謹んで哀悼の意を表しながら、1952年の記念すべき大会の今なお色褪せない「残すべき記憶」にふれてみたいと思います。
文と構成編集:金光貞幸
本記事はTOLだより31号より転載されています。
貴重な出場女子選手からの寄稿は31号本誌でご覧いただけます。
22P「悔しい思いをしたヘルシンキ五輪」 桑原 美代(旧姓 宮下) 陸上競技
24P「1センチの明暗」 星野 綾子(旧姓吉川) 陸上競技
26P「溺れから五輪へ」 齊藤 美佐子(旧姓田村) 競泳競技
28P「ヘルシンキの思い出」  東 政代(旧姓 青木) 水泳 競泳
30P「戦後初のオリンピック」  矢野 まさみ(旧姓 宮本) 水泳 飛込

 

TOLベストオリンピアン賞、フォーラム2016 記録映像

おかげさまを持ちまして、本年も「TOLベストオリンピアン賞、フォーラム2016」を開催することがかないました。
授与式の熱気に包まれたフォーラム会場の様子、3選手のトークは多くの子供お届けしたい貴重な内容でした。当日の様子を記録した映像をぜひご覧ください。

PART1  開会挨拶~幹事紹介~授与式

PART2 トークリレー

PART3 トークリレー~抽選会~閉会挨拶