会報誌「TOLだより」

TOLだよりの第1号は、プリント2枚の手作りレターでした。編集スタッフも入れ替わりながら、第5号より冊子形式となりました。またこの時より、後援企業様より、広告協賛という形でご協力を受け、今日まで発刊することが出来ました。
毎回、「オリンピック」をテーマに、オリンピアンをはじめ、ご父兄、関係者による寄稿などを織り交ぜ、単なる会員向け会報誌にとどまることなく、広くTOL会をサポートしていただく方々に、女性オリンピアンの“その後”と“今”を伝えていけるように毎号、幹事による手作りにて編集しております。
==================================================================
TOLだより第1号から現在までの目次、寄稿者記録はここをクリック
創刊1号がパソコン、スマホでご覧になれます。
ただ今、「TOLだよりデジタルアーカイブ」を整備中です。
TOLだより1号PDF版閲覧(2MB)はこちらをクリック
TOLだより25号PDF版閲覧(8MB)はこちらをクリック
==================================================================
最新号 2016年発刊
TOLだより第31
号のご案内
TOLだより第31号 表紙 編集デザイン:金光貞幸、写真:フォート・キシモト


CONTENTS
31号の表紙テーマ「先輩+後輩」シンクロナイズドスイミング
先輩はシンクロが初めて五輪競技として正式に採用された1984年ロサンゼルス大会でデュエット種目で銅メダル、ソロ種目でも銅メダルを獲得した本間三和子さん(旧姓:元好、大阪府出身、1960年12月21日生)、同じくデュエット種目で銅メダルを獲得した木村さえこさん(大阪府出身、1963年1月28日 生)のペアです。
後輩は2012年のロンドン大会では別パートナーで出場、今年のリオ大会から名将 井村雅代氏の指導によりデュエットを組む乾友紀子さん(滋賀県出身、1990年12月4日生)、三井梨紗子さん(東京都出身、1993年9月23日生)の新生日本シンクロ界の期待のペアです。
TOLだよりの表紙を先輩オリンピアン、後輩オリンピアンが共に飾るシリーズです。
先輩の情熱が、後輩に脈々と受継がれていくことを願いデザインしました。

Photo Reportsリオ2016….P1
「会長ごあいさつ」村山よしみ…P 9
Yoshimi’s Cafe 会長対談 鈴木大地/スポーツ庁長官…P 11
インタビュアー:村山よしみ/競泳、撮影:友寄美江子/フェンシング
ヘルシンキ11名の日本代表女性選手…P 20
〔陸上〕 桑原美代 、星野綾子、 吉野トヨ子〔水泳〕 斎藤美佐子、坂本和子、沢 貞子、 辻内シヅエ、 西 文子、 東 政代 、山本康子、 矢野まさみ
突撃レポート 女子ラグビー7人制日本代表…P 32
レポーター、撮影:村山よしみ、友寄美江子、友寄栄憲
おしゃべりサロン 白井健三/体操…P 38
インタビュアー:佐野智恵子/体操、撮影:伊佐咲子/体操
東進 走りかた教室 青戸慎司/陸上…P 50
パラリンピアンズトーク 山本 篤/陸上…P 54
TOLフォーラム2015…P 56
〔ゲスト〕 室伏由佳/ハンマー投げ、長塚智広/競輪、初瀬勇輔/柔道
〔ナビゲーター〕田中雅美/競泳、高山樹里/ソフトボール
きれい計画 林 勇気/アーチェリー…P 68
レポーター:穂苅美奈子/アーチェリー
未来のオリンピアン! サニブラウン選手/陸上…P 72
今なにしてる? 会員の皆さまからの近況…P 74
幹事紹介/ひとこと…P 76
TOLフォーラム2016、総会ご案内…P 78
事務局レポート…P 79
2015年度TOL会事業報告…P 80
第30回総会レポート…P 81
会則…P 82
編集後記…P 84
佐野智恵子、穂苅美奈子
近代オリンピック開催地一覧…P表3
編集デザイン:金光貞幸、写真:フォート・キシモト、印刷:(株)ケープリント


 

TOLだより第30号のご案内
TOLだより30号表紙 先輩後輩シリーズ 女子サッカー日本代表 野田朱美&宮間あや

CONTENTS
表紙のこと/テーマ「先輩+後輩」
先輩は野田朱美+後輩は宮間あやさん
TOLだよりの表紙を先輩オリンピアン、後輩オリンピアンが共に飾るシリーズです。
先輩の情熱が、後輩に脈々と受継がれていくことを願いデザインしました。

TOL会について……表2
Photo Reports……1
Yoshimi’s Cafe、走りかた教室、突撃レポート、総会など
「ごあいさつ」 TOL会会長 村山 よしみ……9
「Yoshimi’s Cafe 会長対談」野田朱美 女子サッカー……11
「突撃レポート」アーチェリー 日本代表チーム……24
「TOLだより30年の記録」……32
「TOLフォーラム30年の記録」……38
「30年周年記念事業 走りかた教室」……44
「パラリンピアンズトーク」根木慎志 元 車椅子バスケットボール日本代表キャプテン……48
「TOLフォーラム2014レポート」……52
トークゲスト:佐野 稔+髙山樹里+村岡桃佳ナビゲーター:田中雅美
「オリンピアンズネット」
高梨沙羅 スキージャンプ……64
小室 希 スケルトン……66
田口知恵野 競泳……68
「今なにしてる?」  会員近況&ご案内……70
幹事紹介/ひとこと……74
表紙の人「先輩・後輩」 野田朱美+宮間あや……76
フォーラム2015・総会のご案内……78
事務局レポート……79
2014年度TOL会事業報告……80
第30回総会レポート……81
会則……82
編集後記……84
近代オリンピック開催地一覧……表3
==================================================================
2014年発刊

TOLだより第29号のご案内
TOLだより29号表紙

CONTENTS

表紙のこと/テーマ「先輩+後輩」
先輩は大川久美子さん+後輩は浅田真央 さん
TOLだよりの表紙を先輩オリンピアン、後輩オリンピアンが共に飾るシリーズです。
先輩の情熱が、後輩に脈々と受継がれていくことを願いデザインしました。

表紙 佐藤久美子+浅田真央
TOLについて ……表2
Photo Reportsカラー(ソチ大会)……p1
カラー(TOL フォーラム 2013)……p4
ごあいさつ TOL会会長 村山 よしみ ……p9
YOSHIMI’S CAFÉ デサント 戸井田 朋之氏 ……p 11
突撃レポート フィギュアスケート 佐野稔コーチ ……p 24
おしゃべりサロン 斉藤美佐子 競泳 ヘルシンキ ……p 32
ソチ五輪レポート 橋本聖子 ……p 44
ソチ入賞者名簿 ……p 47
パラリンピアンズトーク 冬季 ……p 48
ソチ聖火 佐藤真海 ……p 49
フォーラム2013 開催レポート ……p 52
オリンピアンズネット ……p 63
スピードスケート 小平奈緒 ……p 64
アイスホッケー 大沢ちほ(主将)……p 66
スキーハーフパイプ 三星マナミ ……p 68
今なにしてる? 会員近況 ……p 70
幹事紹介 写真&ひとこと ……p 74
先輩・後輩 表紙の人 佐藤久美子+浅田真央 ……p 76
総会・フォーラム2014のご案内 ……p 78
2013年度TOL会事業報告 ……p 80
第29回総会レポート ……p 81
会則 ……p 82
編集後記 ……p 84
近代オリンピック開催地一覧 ……表3

広告料金:カラーページ1p:10万円、モノクロ1p:5万円、モノクロ1/2p:3万 円
お問合せは事務局までお願いいたします。
TOL/トータル・オリンピック・レディス会 事務局 事務局携帯: 080-5477-3320
E-mail  jimu@olympicladies.jp

==================================================================

最新号 2013年発刊

TOLだより第28TOLだより28号表紙号のご案内

CONTENTS

表紙のこと/テーマ「先輩+後輩」
先輩は長久保 初枝さん (ながくぼ  はつえ)+後輩は岡崎 朋美 さん(おかざき ともみ)
TOLだよりの表紙を先輩オリンピアン、後輩オリンピアンが共に飾るシリーズです。
先輩の情熱が、後輩に脈々と受継がれていくことを願いデザインしました。

TOL会について 表2
Photo Reports TOL オリンピアン賞 2012 ……p1
Photo Reports TOL フォーラム 2012 ……p2
Photo Reports Yoshimi’s Cafe、突撃レポート ……p3
Photo Reports おしゃべりサロン、体験教室 ……p4
ごあいさつ TOL会会長 村山 よしみ ……p7
Yoshimi’s Cafe 会長対談 岸本 健   スポーツカメラマン……p 12
突撃レポート 女子レスリングナショナルチーム&友寄美江子、高柳裕子……p 20
おしゃべりサロン  鈴木 明子&佐野智恵子フィギュアスケート ……p28
冬季五輪備忘録  「小さなスケーター 稲田悦子 」文:金光貞幸  ……p 36
ソチ五輪全競技種目大会日程 ……p40
「ソチにむけて」 橋本 聖子 ……p42
TOLらんど/今なにしてる? ……p45
幹事紹介/ひとこと ……p50
TOLフォーラム2012レポート ……p52
トークゲスト:三宅 義行、三宅 宏実、村田 諒太、秋山 里奈
ナビゲーター: 増田明美
オリンピアンズネット
東 政代(競泳)……p 64
伊佐 咲子(体操)……p 66
家根谷 依里(スノーボード)……p 68
原田 早穂(シンクロナイズドスイミング)……p 70
「TOL体験教室」体験記 フェンシング ……p72
「先輩・後輩」表紙の人 ……p76
フォーラム2013と総会のご案内 ……p78
事務局レポート……p 79
2012年度TOL会事業報告 ……p80
第28回総会レポート……p 81
会則……p 82
編集後記 ……p84
近代オリンピック開催地一覧 表3

広告料金:カラーページ1p:10万円、モノクロ1p:5万円、モノクロ1/2p:3万 円
お問合せは事務局までお願いいたします。
TOL/トータル・オリンピック・レディス会 事務局 事務局携帯: 080-5477-3320
E-mail  jimu@olympicladies.jp

==================================================================
2012年発刊
TOLだより第27号のご案内tolだより27号表紙

CONTENTS
◆表紙写真「先輩後輩シリーズ」
陸上ヘルシンキ代表:星野綾子さん
陸上ロンドン代表:土井杏南さん
◆ロンドン大会「Photo Reports」
◆会長対談「Yoshimi’s Café」ゲスト:橋爪四郎さん
◆特集「ロンドンオリンピック」
◆ロンドン副団長報告:橋本聖子
◆ロンドン出場選手アンケート
◆おしゃべりサロン「体操 田中理恵」
◆ロンドン日本選手団女子全選手156名22種目リザルト一覧
◆Paralympian’s Talk vol.3
◆フォーラム2011開催レポート
◆今なにしてる?:会員近況報告ハガキ
● お知らせ
● 事務局だより
● 編集後記

広告料金:カラーページ1p:10万円、モノクロ1p:5万円、モノクロ1/2p:3万 円
お問合せは事務局までお願いいたします。
TOL/トータル・オリンピック・レディス会 事務局 事務局携帯: 080-5477-3320
E-mail  jimu@olympicladies.jp

==================================================================
2011年発刊
TOLだより第26号のご案内

CONTENTS

● 【記念対談】
橋本聖子のSeiko’s Cafe
ゲスト/森 喜朗氏
● 【TOL緊急幹事座談会】
TOL会にできること、できないこと~東日本大震災から見えてきたスポーツの現状とは~
● 突撃レポート
演技 直線から曲線への挑戦
● おしゃべりサロン
ゲスト/寺川 綾
● TOL☆らんど
– TOL会員ツイッター
– 幹事のつぶやき
– TOL事業レポート 報告/坂 佳代子
– TOL会員Memorial~追悼~
● フォーラム2010
● 第26回TOL総会
● パラリンピアンズトーク
– 文/ライフル射撃 田口 亜希
● オリンピアンズネット
– バレーボール/大山 加奈 ヨット/斉藤 愛子 競泳/濱島 朋美
● お知らせ
● 事務局だより
● 編集後記

広告料金:カラーページ1p:10万円、モノクロ1p:5万円、モノクロ1/2p:3万
円/お問合せは事務局までお願いいたします。

TOL/トータル・オリンピック・レディス会 事務局
事務局携帯: 080-5477-3320  (E-mail) jimu@olympicladies.jp
==================================================================

1986年3月(昭和61年)発刊
TOLだより第1号から現在までの掲載記事記録

第1号 1986年( 昭和61年3月31日)
TOLだより1号PDF版閲覧(2MB)はこちらをクリック
東京オリンピック(1964年)に出場した女性たちが集まって、TOL会ことトータル・オリンピック・レディス会が発足された翌年、記念すべき第1号が発行された。
スタート時の会員数は63名。会員相互の交流の場とTOLの充実を図って発行されたのがこの「TOL便り」である。当時の会報紙はB4用紙2枚。ワープロで作られている。

第2号 1987年(昭和62年3月)
TOLだより2号PDF版閲覧(2MB)はこちらをクリック
B4サイズ1枚で発行。初年度は「TOL便り」だったが、このとき「TOLだより」という名称で発行されている。
▼主な内容 ●会長あいさつ●事務局からのお知らせ事項

第3号 1988 年( 昭和63年4月26日)
TOLだより3号PDF版閲覧(2MB)はこちらをクリック
ソウル五輪が開幕した年。この号からTOLだよりはB5版の大きさに。現在も使われている「TOL」のマークがこの号から使われている。B4用紙を2枚に折ってつくられたもので、手書きでつくられていた。
▼主な内容 ●第3回総会メモ●TOLトピックス●会員のPRコーナー、他

第4号 1989 年( 平成元年4月26日)
TOLだより4号PDF版閲覧(2MB)はこちらをクリック
平成に年号が変わり新たな時代を迎えた。前年に開かれたアジアで2度目となるソウルオリンピックに出場した選手たちからの声が寄せられ、内容が会員の声を集めたものへと少しずつ変わり始めている。
▼主な内容 ●第4回総会報告●事業報告●SEOUL1988、他
▼主な執筆者 井上喜久子(64、72、88馬術)、金戸久美子(60飛込)、田中智子(88アイスダンス)、浅井えり子(88マラソン)、秋山エリカ(88新体操)、長谷川智子(88射撃)、岡智子(88フェンシング)、田中京(88シンクロ)、大崎喜子(56水泳)、大坪恵子(88飛込)、竹宇治聡子(60、64水泳)、星野綾子(52陸上)

第5号 1990 年( 平成2年4月26日)

表紙タイトルとして初代会長小野清子氏による題字「TOLだより」がこの号から登場。手づくりから製本へと変わり、ページは表紙を含めて50ページと大幅に増ページ。総会報告も写真入りで紹介、初の広告(東京新宿花園万頭)も登場している。
▼主な内容 ●オリンピックの昔と今●会員からの声●協賛者からのお言葉●第5回総会報告、他
▼主な執筆者 梅村すみ子(32陸上)、西沢礼子(36飛込)、矢野まさみ(52飛込)、前嶋靖子(76スピード)、石川佐知子(68バレー)、山﨑浩子(84新体操)、馬淵かの子(56、60、64飛込)、丸山美保子(68アルペン)、大和田智子(64フェンシング)、岡山恵美子(64陸上)、田口智恵野(68、72水泳)、監物栄子(72体操)、木田裕子(76バレー)、竹内夏枝(76ハンドボール)、穂苅美奈子(76アーチェリー)、桜井尚子(88馬術)、井上悦子(88テニス)、日下部昌和(デサント、渉外部長)、天野幸江(スミエプランニング社長)、岸本健(スポーツ写真家)、三ツ谷洋子(WSFジャパン代表)

第6号 1991年( 平成3年4月26日)

さらにページが増え、60ページとなったTOLだより。最初のページに日本女子選手として金メダル第1号を獲得された故・兵藤秀子さん(旧姓・前畑。32ロサンゼルス大会2位、36ベルリン大会優勝/ともに200m平泳ぎ)が登場。TOL会の名誉会長に決定するとともに、女性スポーツ界初となる文化功労賞授章のニュースが伝えられている。
▼主な内容 ●オリンピックの昔と今●研究発表●第6回総会報告●通信欄、他
▼主な執筆者 天野幸江(スミエプランニング社長)、小野清子(TOL会長)、菅谷初穂(32水泳)、星野綾子(52陸上)、長久保初枝(60スピード)、西文子(52水泳)、佐藤伊知子(88バレー)、三角幸代(76バスケット)、阿部知香子(84自転車)、香西式子(84射撃)、椛沢聖子(64陸上)、望月紀美子(60体操)、金戸久美子(60飛込)、千葉勝美(64バレー)、稲田悦子(36フィギュア)、吉野トヨ子(52陸上)、木村多喜(64、68体操)、加藤宏子(64体操)、岩原多美子(64フェンシング)

第7号 1992 年( 平成4年4月15日)

TOLだよりは表紙を薄いブルーから淡いグリーンになって登場。この色はこの号のみ。広告も8ページと増えている。
▼主な内容 ●インタビュー/「女性とスポーツ」篠田正浩映画監督に聞く(聞き手:佐野智恵子)●アルベールビル冬季オリンピック観戦記●オリンピックの昔と今 、他
▼主な執筆者 竹宇治聡子(60、64、水泳)、金戸久美子(60飛込)、長久保初枝(60、64スピード)、平松純子(60、64フィギュア)、田島麻(32陸上)、岩井眸(56、60水泳)、矢崎文恵(60スピード)、下野芳枝(64フェンシング)、神白高子(68、72バレー)、福原鈴江(68バレー)、小谷理貴子(76水泳)、森尾麻衣子(84、88体操)、丸山由美(84、88 バレー)、北浦あづさ(84フェンシング)、杉本充子(84射撃)、大木豊子(88アーチェリー)、中村多仁子(64体操)、広紀江(84バレー)

第8号 1993 年( 平成5 年4月15日)

前年に行なわれたバルセロナ大会の特集が組まれ、14歳で金メダルを獲得した岩崎恭子選手のコーチ水野隆一郎氏(沼津スポーツセンター)による寄稿文を掲載。インタビューとして田辺陽子選手(柔道)、佐藤伊知子選手(バレーボール)、瀬尾京子選手(体操)などが誌面を飾った。
▼主な内容 ●バルセロナ出場選手インタビュー●寄稿文 二世選手の活躍〜母の想い〜●観戦記/会員の活躍●第8回総会報告●会員からのお便り、他
▼主な執筆者 木下アリーシア(92ヨット)、高柳裕子(92フェンシング)、中込恵子(92アーチェリー)、星野美香( 92 卓球)、源洋子(92射撃)、鈴木裕美子(92自転車)、金戸久美子(60飛込)、相原俊子(64体操)、河盛恵子(JOC理事)、春岡杜史子(76水泳)、石川佐知子(68バレー)、前嶋靖子( 64 スピード)、山本さち子(スキー)、矢野まさみ(52飛込)

第9号 1994 年( 平成6 年4月8日)

TOL会は発足からちょうど10周年を迎え、TOLだよりではその特集が組まれ、各界から寄せられたお祝いのコメントとともに、発展を願う会員からの提言が寄せられた。
▼主な内容 ●特集Ⅰ 十周年おめでとう●特集Ⅱ TOL会の発展を願って●座談会「オリンピック2世選手の母」●TOL会 10年のあゆみ、他
▼主な執筆者 柳川覺治(参議院議員)、猪谷千春(IOC委員)、岡野俊一郎(IOC委員)、古橋廣之進(JOC会長)、林克也(JOC専務理事)、塚田佐(長野市長)、伊藤公(評論家)、岸本健(スポーツ写真家)、西沢礼子(36飛込)、稲田悦子(36フィギュア)、大和田智子(64フェンシング)、菅谷初穂(32水泳)、平松純子(60、64フィギュア)、岩間秀子(76フェンシング)、春岡杜史子(76水泳)、伊沢まきこ(64陸上)、野口京子(84バレー)、武藤恵子(92レーシングカヤック)、坂上洋子(92柔道)、小野清子(TOL会長)、木村多喜(64、68体操)、田中カネ子(64スケート)、望月紀美子(60体操)、広中ミユキ(68、72、76体操)、神白高子(72バレー)、永田七惠(84マラソン)、加藤雅子(84フィギュア)、望月のり子(84体操)、田中京(88シンクロ)、鈴木裕美子(92自転車)

第10号 1995 年( 平成7年4月25日)

前年に行なわれた関西初となるTOL総会のイベントの様子を紹介。ダンスパフォーマンスなどの催しがあったことが伝えられている。また名誉会長であり、女子金メダリスト1号の兵藤秀子(旧姓:前畑)さんがこの年お亡くなりとなられたため、その哀悼の意が捧げられている。
▼主な内容 ●第10回TOL総会開催●TOL名誉会長 兵藤秀子さんご逝去●寄稿文/トータルオリンピックレディスそれぞれの想い●活動報告、他
▼主な執筆者 平松純子(60、64フィギュア)、菅谷初穂(32水泳)、丸山サタ(64バレー)、長沢琴枝(72フィギュア)、鈴木智子(88フィギュア)、田島麻(32陸上)、西沢礼子(36飛込)、稲田悦子(36フィギュア)、星野綾子(52陸上)、齊藤美佐子(52水泳)、矢野まさみ(52飛込)、吉野トヨ子(52、56陸上)、西文子(52水泳)、池田敬子(56、60、64体操)、馬淵かの子(56、60、64飛込)、河合初子(56、64飛込)、新谷鈴子(56体操)、塚田安子(60陸上)、小野清子(TOL会長)、相原俊子(60、64体操)、望月紀美子(60体操)、井上喜久子(64、72、88馬術)、中村多仁子(64体操)、田村洋子(64バレー)、大和田智子(64フェンシング)、伊沢まき子(64陸上)、中山光子(68体操)、石川佐知子(68バレー)、和田豊子(68、72バレー)、高橋邦枝(68バレー)、渡部絵美(76、80フィギュア)、古橋美知子(72バレー)、中野真理子(72、76 バレー)、田村悦智子(76バレー)、野口京子(84バレー)、三屋裕子(84バレー)、橋本聖子(84プロサイクリスト)、大野木智子(88水泳)、伊藤佳子(88射撃)、田中京(88シンクロ)、長尾ナツエ(88スピード)、川端絵美(88、92アルペン)、沢松奈生子(92テニス)、岩崎恭子(92水泳)、猪又由美(92クロスカントリー)

第11号 1996年(平成8年5月18日)

アトランタ五輪が盛大に開かれた年。スポーツ情報アラカルトという、「社会体育指導者育成事業について」「ニュースポーツ」など16ページにわたる特集を掲載。会員に向けた情報提供を行なった。その、他、構成は寄稿文中心にまとめられ、病気や不妊治療など、個人的な内容も赤裸々に語られている。
▼主な内容 寄稿文●スポーツ情報アラカルト●第11回TOL会総会、他
▼主な執筆者 猪谷千春(日本オリンピックメダリストクラブ理事長)、元渕幸(88、92飛込)、八木沼純子(88フィギュア)、川瀬時枝(84体操)、小菅麻里(92体操)、星野綾子(52陸上)、木元教子、中野眞理子(72、76バレー)、稲田悦子(36フィギュア)、野口京子(84バレー)、望月紀美子(60体操)、田中カネ子(64スケート)、田村悦智子(76バレー)、友寄美江子(84、88フェンシング)、矢野まさみ(52飛込)、鈴木裕美子(92自転車)、他

第12号 1997年 ( 平成9年4月)

スポーツをファッション、メンタル、科学などさまざまな立場から見た寄稿文が掲載された12号。幹事会の熱意が感じられる内容だが、編集後記に「なかなか企画通りに進まないもので、今回はアトランタオリンピック大会後の特集が組めませんでした。現役でご活躍の選手のみなさんはそれぞれにお忙しいのでしょう。必ず将来の想い出に残るものですから少しでも何か書いていただけるという思惑は外れてしまいました。若いみなさんが活字を嫌わないでほしいと願わずにはいられない真情です」とあり、当時の制作の苦労がしのばれる。
▼主な内容 寄稿文●スポーツ情報アラカルト●第12回TOL会総会、他
▼主な執筆者 芦田 淳(ファッションデザイナー)、馳浩(84レスリング/参議院議員)、白石豊(福島大助教)、石島まり子(日本陸連科学委員)、小山ちれ(96卓球)、元渕幸(88、92、96飛込)、笹田弥生(80体操)、大川真澄(96体操)、橋本聖子(84、88、92、94、96スピード、自転車)、大林素子(88、92、96バレー)、武藤恵子(92、96カヌー)、丸山小百合(96カヌー)、谷川可奈子(96マウンテンバイク)、児玉千佳(96ソフト)、野口京子(84バレー)、稲田悦子(36フィギュア)、米倉幸子(68、72スケート)、加藤雅子(84フィギュア)、中村多仁子(64、68体操)、宮原美佐子(88マラソン)、津田桂(80体操)、小野清子(TOL会長)、師岡文男(上智大助教)、上向のりこ(84体操)

第13号 1988年( 平成10 年6月)

表紙に1枚の写真が掲載されている珍しい号。この年、日本で開催された冬季オリンピック・長野大会開会式での日本選手団の入場風景を写したものである。その表紙のとおり、内容は長野五輪の観戦記、体験記を中心として構成されている。そんな中で、巻頭の裏千家家元・千宗室氏による「馬術と茶道」などといった寄稿文が目を引く。
▼主な内容 寄稿文●長野五輪観戦記・●長野五輪体験記●スポーツ情報ア・ラ・カルト●第13回TOL会総会 、他
▼主な執筆者 釜本邦茂(64、68サッカー/参議院議員)、稲垣正浩(日本体大大学院教)、藤本昌男(園田学園女子大教)、稲田悦子(36フィギュア)、平松純子(60、64フィギュア)、丸山美保子(68アルペン)、水野里美(72スピード)、市川秋子(72スピード)、小林優子(72リュージュ)、橋本聖子(84、88、92、94、96スピード、自転車)、川端絵美(94アルペン)、横山久美子(98クロスカントリー)、近藤ゆかり(98カーリング)、逸見美智子(チャコット)、長久保初枝(60、64スケート)、神白高子(72、76バレー)、益子直美(スポーツキャスター)、木原光知子(64水泳)、上向のり子(84体操)、高柳裕子(92フェンシング)、佐々木美和、望月紀美(60体操)

第14号 1999年( 平成11年4月)

前号同様、写真が1枚使われている。準備が進んでいるシドニーのオリンピック会場である。この号では、日本古来のスポーツ(なぎなた、弓道、新相撲)、妊婦水泳など、さまざまな分野から原稿が寄せられた。また、前年の総会第2部として開かれた「スポーツフォーラム」の収録が17ページとかなりのページで紹介されている。
▼主な内容 寄稿文(日本古来のスポーツ/オリンピアン)●スポーツ情報ア・ラ・カルト●第14回TOL会総会、他
▼主な執筆者 能城律子(国際ラリーレーサー)、越野立夫(日本医科大教)、小野清子(TOL会長)、河盛敬子(全日本なぎなた連盟)、池田邦子(全日本弓道連盟理事)、北田登男(日本新相撲連盟理事長)、雉子牟田明子、木原綾子、山﨑浩子(84新体操)、長崎宏子(84、88競泳)、秋間純子(84競泳)、堀美千代(72陸上)、春岡杜史子(76競泳)、浅井えり子(88マラソン)、斎藤香(84競泳)、廣紀江(84、88バレー)、鈴木智子(88フィギュア)、金戸幸( 88 、92、96飛込)、惠本裕子(96柔道)、渡辺伴子(96ソフト)、半田悦子(96サッカー)、パーキンソン赤城千恵子(96カヌー)、佐藤有香(92、94フィギュア)、新井祐子(96フェンシング)、藤本昌男(園田学園女子大教)

第15号 2000 年( 平成12 年4月)

シドニー五輪の年に発行されたのは区切りの第15号。表紙の体裁が変わり、ピンク色を基調に、目次を表紙に掲載。内容も対談、特集、会員だよりなどでまとめられている。
▼主な内容 ●巻頭メッセージ/女性オリンピック出場100年を記念して・対談/小出義男監督VS山﨑浩子●シドニー五輪特集●TOLリレートーク●会員だより、他
▼主な執筆者 八木祐四郎(JOC会長)、笹原正三(レスリング/JOC副会長)、小野喬(体操/日本スポーツマンクラブ協会理事長)、石井好子(シャンソン歌手)、佐藤直子(プロテニス)、田村亮子(92、96柔道)、長谷川智子(88射撃)、金子正子(日本水泳連盟シンクロ委員長)、鈴木陽二(日本水泳連盟強化コーチ)、徳丸純子(56陸上)、浜松ヨシ江(56陸上)、吉野トヨ子(52、56陸上)、大崎喜子(56、60競泳)、河合初子(56飛込)、馬淵かの子(56、60、64飛込)、新谷鈴子(56体操)、木原光知子(64競泳)、丸茂明雄、増島みどり(スポーツライター)、荒木田祐子(76バレー)、石角洋子(92柔道)、小谷実可子(88、92シンクロ)、佐藤紀子(84フィギュア)、信田美帆(88体操)、竹内由江(64フェンシング)、松村則子(88、92スケート)、山下佐知子(92マラソン)、友寄美江子(84、88フェンシング)

第16号 2001 年( 平成13 年4月)

「シドニー・・そしてアテネへ」現在まで続くタイトルのような、メッセージが表紙に加わった最初の号。そのタイトルに即し、前年にオーストラリアで行なわれたシドニー五輪の体験談が中心となって構成されている。
▼主な内容 ●巻頭インタビュー 田村亮子(柔道)、高橋尚子(マラソン)●カリスマ指揮官対談 宇津木妙子×井村雅代●第2のオリンピック(ナンバープラスより転載)●オリンピックを支えた人たち●思い出のオリンピック、他
▼主な執筆者 増島みどり(スポーツライター)、岡本依子(00テコンドー)、田本博子(00ソフト)、古章子(00トランポリン)、稲田容子(96、00射撃)、楢崎教子(96、00柔道)、成田真由美(96、00パラリンピック競泳)、岩崎恭子(92、96競泳)、金戸幸(88、92、96飛込)、佐藤麻衣子(84、88体操)、陣内貴美子(92バドミントン)、田辺陽子(88、92、96柔道)、白石豊(メンタルトレーナー)、田村栄子(競泳コーチ)、青島和之(食糧学院)、中村和美(92、96バレー)、喜島健夫(食糧学院常任理事)、山田海蜂(92、96新体操)、加藤雅子(84フィギュア)、大野笑子(84バレー)、西沢礼子(36飛込)、北田典子(88柔道)、前嶋靖子(スケート)

第17号 2002 年( 平成14 年7月)

ソルトレイクシティ五輪が開かれた年。巻頭で四半世紀以上スポーツを支え続けてきた三協精機の名誉会長・山田六一氏と、橋本聖子氏が対談。企業におけるスポーツの意義など興味深い話が掲載されている。
▼主な内容 ●ソルトレイクシティ五輪出場選手からの手紙●「金メダルの余韻なんてどこにもない」井村雅代×立花美哉×武田美保(ナンバープラス「2001年を見る 文:山﨑浩子」より転載)・会員だより、他
▼主な執筆者 武田恒和(JOC会長)、増島みどり(スポーツライター)、岡崎朋美(94、98、02スピード)、三宮恵利子(98、02スピード)、田畑真紀(94、02スピード)、田中千景(98、02ショートトラック)、村主章枝(02フィギュア)、恩田美栄(02フィギュア)、上村愛子(98、02モーグル)、吉川由里(98、02スノーボード)、西川樹里(76バレーボール)、長尾ナツエ(88スピード、自転車)、大久津真由美(92、98カーリング)、稲田悦子(36フィギュア)、河合彩(98フィギュア)、井本直歩子(96競泳)、木原光知子(64競泳)、大久保通方(NPO日本移植者スポーツ協会理事長)

第18号 2003 年( 平成15 年5月号)

オリンピックの発祥地・アテネでの開催を翌年に控え、「あのころ」と題して、36年ベルリン大会・飛込の西澤禮子さんへのインタビュー、「これから」として国立スポーツ科学センター所長・浅見俊雄氏による寄稿など、オリンピックをあらゆる角度からみつめる構成となっている。
▼主な内容 ●巻頭対談 竹田恒和JOC会長×小野清子TOL会長(聞き手:山﨑浩子)●岡崎朋美選手に聞く(聞き手:橋本聖子)●「足跡」マラソン有森裕子(文・山崎浩子 文藝春秋 03年5月号より転載)・会員だより、他
▼主な執筆者 平松純子(60、64フィギュア)、井本直歩子(96競泳)、伊藤理枝子(80バレー)、大菅小百合(02スピード、自転車)、高山樹里(96、00ソフト)、松崎ヨシ子(64競泳)、松永理絵子(00新体操)、溝口紀子(92、96柔道)、倭千鶴子(日本セーリング連盟理事)

第19号 2004 年( 平成16 年5月)

アテネ五輪で史上最多のメダル数を獲得した年の1冊。スペシャル対談として、「日本人としての誇り」と題し、音楽博士の藍川由美氏と山﨑浩子氏が音楽から日本人とは、という問題に迫っている。
▼主な内容 ●巻頭対談 猪谷千春×木原光知子「いざアテネへ」●アメリカ女子バレーボール・ナショナルチーム監督に聞く 吉田敏明氏(聞き手:山﨑浩子)●フォーラム2003●会員だより、他

▼主な執筆者 石井好子(シャンソン歌手)、生島淳(スポーツライター)、大崎喜子(56、60競泳)、岡本治子(68フィギュア)、田中ウルヴェ京(88シンクロ)、磯田陽子(00シンクロ)、香西式子(84、92射撃)、増地千代里(92柔道)、小野千賀子(栗東市体操協会理事)、村山よしみ(68、72、76競泳)

第20号 2005 年( 平成17年5月)

対談が中心となり、さまざまな角度から勝利への執着をみつめている1冊。また、これまでは自身の体験、考えといった寄稿やインタビューが多かったが、この号から、取材して構成するといったページも登場。
▼主な内容 ●巻頭対談 江本孟紀×木原光知子●スペシャル対談(Ⅰ)城田憲子×山﨑浩子、●スペシャル対談(Ⅱ)旭天鵬×北田典子●フォーラム2004・会員だより、他
▼主な執筆者 木原光知子( 64 競泳)、橋本聖子(84、88、92、94、96 スピード、自転車)、三宮恵利子(98、02スピード)、南裕子(デサント)、小林貴子(92柔道)、大林素子(88、92、96バレー)、佐藤麻衣子(84、88体操)

第21号 2006 年( 平成18 年6月)

表紙に 「LIVES HERE! 情熱はここにあり」のメッセージが入る。
TOL会では長きにわたってTOL会長を務められた小野清子初代会長が退任され、2代目会長として木原光知子氏が就任した。
表紙に LIVES HERE!(情熱はここにあり)のメッセージが入る。
トリノ五輪が開かれ、日本選手団唯一の金メダルを獲得したフィギュアスケート・荒川静香選手の得意技「イナバウワー」が流行語になるほど、盛り上がった年。
▼主な内容 ●巻頭対談「我々の負けず嫌いは一生ですね」樋口久子×木原光知子●「2006トリノオリンピックインタビュー・バンクーバーはもっと厳しい戦いになります」平松純子(TOL副会長、聞き手:山﨑浩子)●「2006世界女性スポーツ会議くまもと」レポート●「特別対談・セカンドキャリアを考える」吉田秀彦×北田典子●「フォーラム2005」
●「女性オリンピアンズのキャリア調査結果報告」、「会員だより」、他
▼主な執筆者 橋本聖子(84、88、92、94、96スピード、自転車)、緒方茂生(84、88、92競泳)、高柳裕子(92フェンシング)、田中雅美(96、00、04競泳)、武田美保(96、00、04シンクロ)、矢野広美(76バレー)、村田由香里(00、04新体操)、石角洋子(92柔道)

第22号 2007 年( 平成19 年7月)

「Passion is all ! 情熱こそすべて!」
2代目TOL会長となったばかりの木原光知子氏がこの年の10月、急逝。そのため急きょ、橋本聖子氏が第3代TOL会長に就任。あまりに突然の出来事に、幹事会は驚き、悲しみに包まれた。この号のあいさつ、巻頭対談が木原会長最後のメッセージである。
▼主な内容 ●木原光知子の「mimi`s Cafe」ゲスト 星野仙一 ●「おしゃべりサロン」ゲスト浜口京子、ナビゲーター友寄美江子 ●「レポート1枚の写真から〜高木貴子のネパール奮闘記」●「オリンピアンと楽しもう!元気みやざき開催」
●「ウーマンズ・スイム・フェスティバル10周年を迎えて」●「高木貴子と村山よしみの新体操・感動の直撃レポート」●「フォーラム2006」●「会員だより」、他
▼主な執筆者 友寄美江子(84、88フェンシング)、坂佳代子(68、72体操)、村山よしみ(68、72、76競泳)、桐谷乃宇奈(92フェンシング)、安藤美佐子(96、00ソフト)、米倉加奈子(00、04バドミントン)、井村雅代(シンクロ)

第23号 2008 年( 平成20 年7月)

「夢を体験! ̶ 情熱の力」
アジアで3度目となる北京五輪が開催された年。巻頭にはオリンピアン麻生太郎氏が登場。国を動かす立場からみたスポーツについて語られている。
▼主な内容 ●橋本聖子の「Seiko`s Cafe」ゲスト 麻生太郎●「突撃レポート・豪速球の響き、北京へ…」レポーター村山よしみ●「おしゃべりサロン 」ゲスト 原田めぐみ(フェンシング)、ナビゲーター友寄美江子●「特集北京五輪・がんばれ!ニッポン」●「フォーラム2007」●「追悼 ありがとう!! ミミさん」●「オリンピアンズネット」、他
▼主な執筆者 齊藤美佐子(52競泳)、田中雅美(96、00、04競泳)、友寄美江子(84、88フェンシング)、山﨑浩子(84新体操)、松崎ヨシ子(64競泳)、渡辺涼子(92柔道)、岡崎朋美(94、98、02、06、10スピード)、中村真衣(96、00競泳)、野田朱美(96サッカー)、板倉美紀(92競歩)

第24号 2009 年( 平成21年7月)

「With Glowing Hearts!  夢・育む心と力」
2016年の東京オリンピック・パラリンピックの招致活動が盛んだった。残念ながら、この年の
10月の投票でブラジルはリオデジャネイロに敗れたが、TOLだよりはその決定前に発行されるため、招致を応援する企画として、64年東京オリンピックを振り返る特集が掲載された。
▼主な内容 ●橋本聖子の「Seiko`s Cafe」 ゲスト 水野正人●「おしゃべりサロン」 ゲスト 佐野優子、ナビゲーター大林素子●「特集Remember Tokyo Olympic64・日の丸を背負った戦士たち」 早田卓次(体操)、相原俊子(体操)、岡野功(柔道)、井上喜久子(馬術)/三宅義信(ウエイトリフティング)×池田敬子(体操)×竹宇治聡子(競泳)●特別座談会/記者席から 堂本暁子(元千葉県知事)●「パラリンピック」 高橋 明(アダプテッドスポーツ・サポートセンター理事長)」
●「2010バンクーバーオリンピック」●「突撃レポート〜氷上のチェス、カーリングに迫る!」レポーター村山よしみ
●「フォーラム2008」●「パラリンピアンズトーク」神谷千恵子(アーチェリー)●「オリンピアンズネット」、他
▼主な執筆者 友寄美江子(84、88フェンシング)、堂本暁子(元千葉県知事)、道廣奈美(スピード)、平松純子(フィギュア)、村山よしみ(68、72、76競泳)、東明有美(96サッカー)、吉原知子(92、96、04バレー)、岩田良子(00バドミントン)、
荒川静香(98、06フィギュア)

第25号 2010 年(平成22年9月)第25号特別記念号

「one dream by one olympian」
▼主な内容と執筆者
●「オリンピアン&パラリンピアン恊働イベント・More Sports + More Dreams2010・もっとスポーツ!もっと夢!」●橋本聖子の「Seiko`s Cafe 」ゲスト王 貞治氏 【第25号記念大特集】●Part1:TOLだよりのあゆみ●Part2:TOL総会&フォーラム一覧●Part3:Messages●フォーラム2009●オリンピアンズネット戸田則子スピードスケート、河合 彩フィギュアスケート●25号記念寄稿:田村美佐子(現姓・齊藤)競泳52年ヘルシンキ、宮本まさみ(現姓・矢野)飛込52年ヘルシンキ、吉川綾子(現姓・星野)陸上52年ヘルシンキ、津谷かの子(現姓・馬淵)飛込56年メルボルン・60年ローマ・64年東京、田中敬子(現姓・池田)体操56年メルボルン・60年ローマ・64年東京、平松純子フィギュア60年スコーバレー・64年インスブルック、田中聡子(現姓・竹宇治)競泳60年ローマ・64年東京、森実芳子(現・松﨑ヨシ子)競泳64年東京、木崎正子(現姓・藤本)陸上競技64年東京、井上喜久子馬術64年東京・72年ミュンヘン・88年ソウル、鷹野靖子(現姓・前嶋)スピード64年インスブルック、西側よしみ(現姓・村山)競泳68年メキシコ・72年ミュンヘン・76年モントリオール、福中佐知子(現姓・石川)バレーボール68年メキシコ、橋口佳代子(現姓・坂)体操68年メキシコ・72年ミュンヘン、白井貴子バレーボール72年ミュンヘン・76年モントリオール、吉川智恵子(現姓・佐野)体操76年モントリオール、春岡杜史子 競泳76年モントリオール、佐藤美奈子(現姓・穂苅)アーチェリー76年モントリオール・84年ロサンゼルス、照井美喜子(現姓・後藤)スキー距離76年インスブルック、増田明美 マラソン84年ロサンゼルス、元好三和子(現姓・本間)シンクロナイズドスイミング84年ロサンゼルス、中田久美 バレーボール84年ロサンゼルス・88年ソウル、山﨑浩子 新 体 操84年ロサンゼルス、宮原美江子(現姓・友寄)フェンシング84年ロサンゼルス・88年ソウル、星野美香(現姓・馬場)卓球88年ソウル・92年バルセロナ、小谷実可子 シンクロナイズドスイミング88年ソウル・92年バルセロナ、田辺陽子 柔道88年ソウル・92バルセロナ・96年アトランタ、大林素子 バレーボール88年ソウル・92年バルセロナ・96年アトランタ、野上敬子 ヨット88年ソウ,ル、岩崎恭子(現姓・斉藤)競泳92年バルセロナ・96年アトランタ、高柳裕子 フェンシング92年バルセロナ、陣内貴美子 バドミントン92年バルセロナ、永富有紀(現姓・横野)バレーボール96年アトランタ、田中雅美競泳96年アトランタ・00年シドニー・04年アテネ、松本直美 ソフトボール96年アトランタ・00年シドニー、杉山 愛 テニス96年アトランタ・00年シドニー・04年アテネ・08年北京、萩原美樹子 バスケットボール96年アトランタ、永田睦子バスケットボール96年アトランタ・00年シドニー、武田美保(現姓・鈴木)シンクロナイズドスイミング96年アトランタ・00年シドニー・04年アテネ、西 夏樹 カヌ ー96年アトランタ、上島しのぶスノーボード98年長野、岩田良子 バドミントン00年シドニー、米倉加奈子 バドミントン00年シドニー・04年アテネ、竹葉多恵子クレー射撃00年シドニー・04年アテネ、上野雅恵 柔道00年シドニー・04年アテネ・08年北京、小野寺歩(現姓・小笠原)カーリング02年ソルトレイクシティ・06年トリノ、中山英子スケルトン02年ソルトレイクシティ・06年トリノ、三宅宏実ウエイトリフティング04年アテネ・08年北京、柴田亜衣競泳04年アテネ・08年北京、小西ゆかり(現姓・森)ライフル射撃04年アテネ、森本さかえホッケー04年アテネ・08年北京、中込由香里マウンテンバイク04年アテネ、横澤由貴 柔道04年アテネ、桧野真奈美 ボブスレー06年トリノ・10年バンクーバー、齋藤里香 ウエイトリフティング 08年北京、大前千代子車いすテニス/アーチェリー/スラローム80年アーヘン・96年アトランタ・04年アテネ・08年北京、小林深雪(現姓・井口)クロスカントリースキー/バイアスロン98年長野・02年ソルトレイクシティ・06年トリノ、澤田優蘭 陸上走り幅跳び08年北京、松本めぐみボート08年北京
TOLだより25号PDF版閲覧(8MB)はこちらをクリック

第26号 2011年(平成23年9月)

「Just do The your best」 TOLスローガンが表紙に採用された初めての号。
表紙がカラーとなり、デザインはオリンピック競技振興のパイオニアたる先輩と、彼女たちの灯した夢と情熱を連綿と受け継いでいく後輩たちの姿をテーマとしたものになる。
第一回は「競泳 第15 回ヘルシンキ 田村美佐子(現性:斉藤)+第28 回アテネ 寺川 綾/ 競泳」
▼主な内容と執筆者
●橋本聖子の「Seiko’s Café」ゲスト/森 喜朗氏●「TOL緊急幹事座談会」~東日本大震災から見えてきたスポーツの現状とは~●「突撃レポート・シンクロナイズドスイミング」レポーター 村山よしみ●「おしゃべりサロン」ゲスト寺川 綾、聞き手 佐野智恵子●「2010/2011 アジア競技大会を振り返る」日本代表選手団団長 市原則之●「こちらサポートスタッフ」石川三知(栄養)●「TOL事業レポート・宮崎県 オリンピックと私」講演会 坂 佳代子●「TOLフォーラム2010」ナビゲーター陣内貴美子(バドミントン)、田中雅美(競泳)、パネリスト橋本聖子(スピード、自転車/TOL会 会長)、高橋尚子(マラソン)、斉藤あや子(パラリンピックアーチエリー/車椅子カーリング)●「パラリンピアンズトーク」ライフル射撃/
田口亜希●オリンピアンズネット バレーボール/大山加奈、セーリング/斉藤愛子、競泳/濱島朋美

第27号 2012年(平成24年9月)

表紙のデザインテーマ「先輩+後輩 陸上 第15 回ヘルシンキ 吉川綾子(現性:星野)+第30回ロンドン 土井杏南」ロンドン五輪特集でプロ撮影による美しいカラーページが巻頭を飾りました。
▼主な内容と執筆者
●村山よしみの「Yoshimi’s Café」ゲスト橋爪四郎さん●「ロンドン報告」橋本聖子●「ロンドンオリンピック・出場選手アンケート」鈴木聡美(水泳)、星 奈津美(水泳)、寺川 綾(水泳)、加藤 ゆか(水泳)、上田 春佳(水泳)、蟹江美貴(アーチェリー)、菅原智恵子(フェンシング)●女子バレーロンドンレポート 大林素子●「おしゃべりサロン」ゲスト田中理恵(体操)聞き手佐野智恵子●「パラリンピアンズトーク」 視覚障害者柔道/米田真由美●「TOLフォーラム2011」 ナビゲーター 長崎宏子(競泳)、大林素子(バレーボール)、ゲスト原田裕花(バスケットボール96アトランタ)、佐藤真海(陸上走り幅跳び04アテネ、08北京)、宮下純一(競泳08北京)

第28号 2013年(平成25年9月)

表紙のテーマ「先輩+後輩 スピードスケート 60年スコーバレー、64年インスブルック 長久保初枝(旧姓・高見沢)+94年リレハンメル98年長野02年ソルトレークシティー06年トリノ10年バンクーバー岡崎朋美」。本誌に美しいカラー広告ページが初めて掲載され、さらに誌面の充実が図られました。
▼主な内容と執筆者
●村山よしみの「Yoshimi’s Café」村山よしみ ゲスト岸本 健 スポーツカメラマン●「突撃レポート・女子レスリングナショナルチーム」レポーター:友寄美江子(フェンシング)、髙栁裕子(フェンシング)、撮影:村山よしみ(競泳)、吉田沙保里、伊調 馨、新海真美、宮原 優、登坂絵莉、志土地希果、伊藤友莉香●「おしゃべりサロン」ゲスト鈴木明子(フィギュアスケート)、聞き手佐野智恵子●「冬季五輪備忘録・永遠の敬意をこめて フィギュアスケート稲田悦子」金光貞幸 ●「ソチにむけて」橋本聖子●「TOLフォーラム2012」ナビゲーター増田明美、ゲスト三宅義行(メキシコ ウェイトリフティング)、三宅宏実(ロンドン ウェイトリフティング)、村田諒太 (ロンドン ボクシング)、秋山里奈(ロンドン 背泳)●「オリンピアンズネット」 東 政代(競泳)、伊佐咲子(体操)、家根谷依里(スノーボード)、原田早穂(シンクロナイズドスイミング)●「TOL体験教室/体験記フェンシング」レポーター佐野智恵子(体操)

第29号 2014年(平成26年9月)

表紙のテーマ「先輩+後輩 フィギュアスケート 64年インスブルック、68年グルノーブル 大川久美子(現姓・佐藤)+10年バンクーバー、14年ソチ 浅田真央」
巻頭カラーページをソチ大会の美しく躍動感あるプロカメラマンによる写真が飾りました。写真提供フォート・キシモト。
▼主な内容と執筆者
●村山よしみの「Yoshimi’s Café」ゲスト デサント顧問 戸井田 朋之氏 ●「突撃レポート ・フィギュアスケート 佐野 稔氏」レポーター友寄美江子(フェンシング)、伊佐咲子(体操)、撮影 三浦直子(競泳)●「おしゃべりサロン」ゲスト斉藤美佐子(競泳)、聞き手佐野智恵子●「パラリンピアンズトーク」ソチ聖火ランナー 佐藤 真海 ●「ソチ五輪レポート」団長 橋本聖子  ●「TOLフォーラム2013」トークゲスト 安藤 美姫 、千田 健太、多川 知希
ナビゲーター:田中 雅美●「オリンピアンズネット」小平 奈緒(スピードスケート)、大沢 ちほ(アイスホッケー)、三星 マナミ(スキーハーフパイプ)

第30号 2015年(平成27年9月)

表紙のテーマ「先輩+後輩 サッカー 96年アトランタ 野田朱美+08年北京、12年ロンドン 宮間あや」
女子サッカーの先駆者、女性初のJFA女子委員長として活躍する野田氏、そして今年のW杯カナダ大会でキャプテンとして日本チームを決勝に導き、次代のなでしこジャパンを牽引していく宮間氏が表紙を飾りました。
▼主な内容と執筆者
●村山よしみの「Yoshimi’s Café」ゲスト  野田朱美氏 ●「突撃レポート ・アーチェリー女子団体チーム 穂苅美奈子(旧姓・佐藤、モントリオール、ロサンゼルス)公益社団法人全日本アーチェリー連盟副会長、新海輝夫 公益社団法人全日本アーチェリー連盟強化部長、林  勇気選手、永峰沙織選手、川中香緒里選手」レポーター髙山樹里(ソフトボール)、撮影 友寄英憲●「パラリンピアンズトーク」元車椅子バスケットボール日本代表キャプテン根木慎志 ●「30周年記念事業東進ハイスクール走り方教室 青戸慎司」(陸上、ソウル、バルセロナ、長野)、レポーター髙栁裕子(フェンシング)、撮影 齋藤文護 ●「TOLフォーラム2014」トークゲスト佐野 稔(フィギュアスケート、76年インスブルック大会)、(髙山樹里ソフトボール、96年アトランタ、00年シドニー、04年 アテネ大会)、村岡桃佳(アルペンスキー、14年ソチパラリンピック大会)ナビゲーター:田中 雅美●「オリンピアンズネット」寄稿高梨沙羅(スキージャンプ)、田口知恵野(競泳)、小室 希(スケルトン)

※競技名称について、バレーボールはバレー、スピードスケートはスピード等と省略して表記させていただき、お名前、競技名も当時の掲載にあわせてありますことをご了承ください。